借金の返済が出来ない
どうしよう

このサイトに来たからには今以上に悪くなることは無い・・・と言いたい。今の状態から1日も早く脱出できるようによく読んでね。

もう無理、返済できない?本当に? 本当に無理なら借金地獄から抜け出せます

借金返済が出来なくなって困っているあなた。今のままじゃまずいですよね。返済のために借金できる所を探すなんて言語道断。根本的に解決したいと思いませんか。

もう無理、返済できない?本当に? 本当に無理なら自己破産や個人再生で助借金地獄から抜け出せる可能性が高いです。

なんとか返済出来る。自己破産とかまでの段階じゃないよ。ということなら返済条件を見直してもらうために任意整理をするといいです。

困っているのはあなただけではありません。お金を貸した側の方も困っています。あなたがどうするか決めないと、相手は督促を続けるしかありません。

債務整理の方法を詳しく知っていれば別ですが、そうでなければ専門家に相談する事が重要です。相談する相手は借金問題の専門家です。間違っても、お友達や家族や会社の同僚など借金問題の素人に相談してはいけません。間違った意見で解決できる機会を失いかねません。理想の相談者は債務整理に詳しい弁護士です。または債務整理に詳しい司法書士です。

相談するにしても、どうして返済が無理なのかを説明できないと先に進めません。まずは、相談の前段階として今の状況を整理して説明できるようにしましょう。

今の状況を整理してみよう

相談する時には、借金の明細はもちろんのこと家計の収入と支出も分かりやすくしなければなりません。そのためには資料一式をそろえなければなりません。その資料に基づいて相談します。このような借金が総額いくらあって月々の返済がいくらです。自分の給与で家族を養っているので生活費がいくらかかります。借金の返済がいつから出来なくなっています。私はどうすればいいのでしょうか?という感じです。

今の借金苦から抜け出す方法を弁護士や司法書士から伝授してもらうか、それとも自分自身で借金苦から抜け出す方法を見つけ出すか。いずれにしても、借金苦解決のための対策を決めるには、現在の状況が十分に分かる資料が必要です。

相談に行って、借金総額もわからなければ金利もわからない、いつから借りているかもわからないでは対策を練れません。中でも過払い金返還の対象となる借金があるのかないのかは重要です。場合によっては過払い金返還で借金そのものがなくなるケースもあります。

今の状況を整理する資料
  1. 借金の状況について

    何が原因で借金が増えていったのか。返済が苦しくなったのはいつか。現在の返済状況はどうなっているか。

    1. 借金一覧表

      借入先名、種類(ローン、クレジットカード等)、当初借入年月、金利、返済残金、返済月額等

  2. 収入の状況について

    どのような収入(給与、年金等)があるのか

    1. 収入の分かるもの(給与明細など)
  3. 家計の状況について

    収入の大きさに応じた生活費なのか、見直すべき点があるか、返済に回せる金額はいくら程度なのか。

    1. 家計簿2か月分

      家賃や住宅ローンの返済月額、食費、交通費、水道代・光熱費、電話料金、教育費、保険料等、借金返済額。収入と支出がわかるように。

  4. 換金できる財産の状況について

    今ある収入からの返済が出来ないなら手持ちの財産をお金に換えて返済するしかありません。

    自動車や不動産や株券、生命保険の解約返戻金など換金して借金返済に回せる財産があるか。

    1. 財産一覧表

      現金、預金、自動車(年式)、生命保険(解約返戻金額)、過払い金などお金に換えられそうな財産の有無等。

無理なく返済できる額でシミュレーションしてみよう

家計の収入から生活費や学費など様々な必要な支出を差し引いて残った金額が無理なく借金返済に回せる金額です。無理なく返済出来る金額がわかればとるべき解決策がわかってきます。

おまとめローンで解決できるならそれが一番いいと思います。返済が滞る前におまとめローンですべての借金を返済してしまえば信用情報にも傷がつきません。

任意整理や特定調停は、貸金業者など貸主がこちらの出来る返済案を了解してくれなければ成立しません。マイホームを手放さずに債務整理できる個人再生も同様です。先方が許容する返済額や返済期間などの条件提示が出来るかどうかが鍵です。

ここまでに述べた債務整理方法では返済できない場合には、自己破産という最終的な債務整理の手段があります。借金を返すお金が無ければあなたの財政は既に破産状態であることに間違いはありません。法的に返済義務が免除されれば借金が無くなります。自己破産は、文句なしに最強の債務整理の手段だと思います。

これらの借金苦を解決する方法のどれを選ぶにしても、重要なことは無理のある返済方法を選ばないことです。無理をすればいずれ同じ道をたどることになりかねません。

  1. おまとめローン

    金利の高い複数の借金を金利の低いローン1本にまとめて借り替える。

  2. 任意整理

    貸金業者と交渉して返済条件を変更してもらいます。弁護士が代理することで金利ゼロにすることも可能です。同時に過払い金があればその精算も行い残った借入残金を3年ほどで完済します。

  3. 特定調停

    裁判所の調停制度を利用して返済条件を変更して、無理なく返済できる金額で3年ほどで完済します。調停委員が相手側との間に入ってくれるので弁護士に依頼する必要はありません。

  4. 個人再生

    民事再生を裁判所に申し立てる制度。持家を残したまま(住宅ローンを残したまま)行う債務整理。一定額の減免を受けた後の残金を3年ほどで完済する。

  5. 自己破産

    自己破産と免責を裁判所に申し立てる制度。免責が許可されれば返済義務が無くなる。浪費やギャンブルで出来た借金やクレジットの現金化など詐欺的なことを行っていると場合によっては免責不許可となってしまう。

債務整理に精通した弁護士に相談しよう

弁護士さんにも得意分野や不得意分野があります。決してオールマイティに何でも出来るというわけではありません。債務整理を数多く手がけている弁護士が信頼できます。債務整理に強いかどうかはインターネットで地域名+弁護士+債務整理などのキーワードで検索して調べたり地域の弁護士会に問い合わせたりすると良いでしょう。

テレビで広告をしている全国ネットの弁護士事務所も債務整理に力を入れているのでお勧めできます。数をこなして利益を上げるやり方ともいえるので誇大広告気味であったりするかもしれませんが仕事の方は事務的にスピーディにこなしているようです。

弁護士さんの相談料は基本的に30分いくらと決まっていて1時間で概ね税抜きで5千円程度はします。ただし、債務整理や過払い金の相談は相談料無料で行っている弁護士も多くいます。電話で問い合わせる時に相談料金のことを聞いてから行くかどうか決めるといいですね。

また、債務整理を依頼すれば当然に料金が必要です。任意整理で1社当り数万円+基本料、個人再生で概ね30万から、自己破産で同時廃止事件で概ね20万円以上、自己破産の管財事件で30万以上は必要です。料金の支払いが一括で払えない場合は分割払いも可能な事務所もあります。弁護士に依頼して督促をストップさせてから、お金を貯めた後に裁判所に申立てを開始するケースもあります。

弁護士さんに相談したくてもお金が無くて二の足を踏むあなたには法テラスをおすすめします。